OTAma《おたま》|「おいしい」が見つかる食材通販サイト

「おいしい」が見つかる食材通販サイト

《山梨県》原木舞茸の香りをまとわせるオイル!丹波山倶楽部の舞茸香油

《山梨県》原木舞茸の香りをまとわせるオイル!丹波山倶楽部の舞茸香油
《山梨県》農業組合法人 丹波山倶楽部
舞茸香油
2,160円(税込)~

 

 

《山梨県 農業組合法人 丹波山倶楽部》
舞茸香油
1瓶 2,160(税込)
3瓶 6,000円(税込)
舞茸香油&舞茸だし箱入りセット
1箱 5,400円(税込)
当商品は軽減税率対象商品です
※舞茸だしのみはこちらから

●舞茸香油 1瓶110g入り
●舞茸香油と舞茸だし箱入りセット 入り内容
香り舞う舞茸だし 2袋(※1袋にだしパック6個入り)
舞茸香油 1瓶110g入り
(※舞茸だしについて、詳しくはこちらをご確認ください)

【原材料名】
舞茸香油:
食用オリーブ油(イタリア製造)、食用とうもろこし油、舞茸(丹波山産)/酸化防止剤[ビタミンE(大豆由来)]

香り舞う舞茸だし:
風味原料(舞茸粉末(丹波山村産)、鰹節粉末(静岡県産)、煮干しうるめ鰯粉末(熊本県産)、椎茸粉末(広島県産)、鯖節粉末(静岡県産)、昆布粒(北海道産)国内製造)、食塩、砂糖、でん粉分解物、酵母エキス、粉末醤油、食用植物油脂、(一部に小麦・さば・大豆を含む)

<舞茸香油>
レターパックプラスにて発送
全国一律 520円
※3瓶まで同梱いたします

<舞茸香油と舞茸だし 箱入りセット>
クロネコヤマト便にて発送
全国一律 750円

通年

私たちが栽培する原木舞茸は12月に山からナラの木を伐り出すところから始まります。伐り出したナラの原木を殺菌、舞茸菌を植菌し約半年間、菌の培養、熟成を行います。そして6月に完熟した舞茸の菌を畑に伏せ込んでいきます。収穫は9月の中旬から10月の上旬の3週間程しかなく、市場にもほとんど出回らない大変貴重な舞茸です。

通常の皆さんが口にする舞茸とは味・香り・食感とも格段に違います。

そんな舞茸を使用した香油です。

商品紹介

通常出回る舞茸は菌床栽培で育てられますが、丹波山倶楽部では、原木で舞茸を栽培されています。天然の舞茸に近い環境で育っているため、原木舞茸は格段に味・香り・食感が違う!

ナラの木を切り出してそこに舞茸菌を植菌し、3か月間ほど培養したのち、榾木(ほだぎ)ごと畑の土の中に埋めていきます。枯れ葉をかぶせて約3カ月後、9月中旬から10月上旬に舞茸が収穫できます。

そんな貴重な原木舞茸を香りを閉じ込めてつくられた、香るオイルです。

 

多摩川の源流が流れる山梨県丹波山村では、天然の舞茸は秋の風物詩でした。しかし天然舞茸は、危険な山の斜面や深い森に生えているため、近年は採りに出かける人も少なくなり、丹波山の舞茸を味わえることも少なくなりました。

丹波山倶楽部の舞茸は、源流の川・山・空気に囲まれた自然の中で栽培されるため、この天然舞茸のような豊かな香りと旨味があります。ただし、収穫できるのはたったの3週間!!

香油なら、そんな丹波山の舞茸の香りを家庭でも、通年楽しめます。

 

原木舞茸を乾燥させることで香りを濃縮し、それを蒸留させて香りを抽出。その濃厚な舞茸の香りをオリーブオイルに閉じ込めています。

このオイルは炒め用ではなく、仕上げ用のかけるオイルです。パスタやサラダ、バゲットやリゾットにかけると、舞茸の香りをまとった料理に仕上がります。

食べる舞茸エッセンシャルオイルのようにお使い頂けます。

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE