OTAma《おたま》|「おいしい」が見つかる食材通販サイト

「おいしい」が見つかる食材通販サイト

《山形県》初夏の甘酸っぱい本物の味!菅原長助のブルーベリー

《山形県》初夏の甘酸っぱい本物の味!菅原長助のブルーベリー
《山形県》菅原長助
ブルーベリー
5,000円(税込)~

\2020年分販売終了/

《山形県 菅原長助》
ブルーベリー
1kg 5,000円(税込)
当商品は軽減税率対象商品です
★「予約出荷」商品です
2020年の出荷期間:7月1日~7月27日予定
※天候により出荷時期は前後いたしますので、ご了承ください

同量1kgですが、「①125g入り×8パック」「②500g入り×2パック」をお選びいただけます。購入手続きページにてご選択ください。

 

税込・クール料金込の価格です

北海道
1,325円
北東北
1,095円
南東北
1,095円
関東
1,095円
信越
1,095円
中部
1,195円
北陸
1,195円
関西
1,325円
中国
1,525円
四国
1,525円
九州
1,765円
沖縄
1,775円

★「予約出荷」商品です。順次出荷いたします
人気商品のため、下記期間前に予約が終了することがございます

2020年の出荷期間
7月1日~27日予定
※天候により出荷時期は前後いたしますので、ご了承ください

準備中

 

商品紹介

 

ブルーベリーが本来持つ、豊かな甘酸っぱさを味わえます!

実の酸味は時間経過とともに抜けていくので、採れたてだからこそ感じられるものです。

ただ甘く、水っぽいのではない。
これぞ本当のブルーベリーの味!

 

菅原長助さんでは、破砕させた黒松と杉の混合肥料を全面に敷き詰めて、栄養価の高い土作りをされています!

そんな土からたっぷりの栄養を吸収し、大きく育ったブルーベリー。
実は100円玉サイズもの大きさです!

もちろん一つ一つ丁寧に手摘み

 

菅原長助さんの果樹園がある山形県鶴岡市は、「庄内平野」に位置します。鳥海山と月山などの山々に囲まれて、冬には2mほどの雪が積もり、季節風の影響で-10℃もなるそうです!一方、夏は気温も上がり、日照時間も多くなります。

ブルーベリーは、この寒暖の差で「風味」が増すんです!

厳しい寒さに当たるからこそ、風味の良いブルーベリーが採れるんです!

 

お取り寄せレポート

 

アバター
編集長 ふじた
おいしい野菜とフルーツが大好き!レア食材大好き!
本物のブルーベリーの味ってなんぞや。
野菜ソムリエの資格を持ち、日本一になった経歴も持つ、私がレポートします♪

 

菅原長助って、屋号!

菅原長助さんから、
ブルーベリーが届きました!

ちなみに、気になっていた「菅原長助」という農園名。

長助さんというの人の名?と思っていましたが、
菅原さんちの「屋号」なんだそう!

 

選べるケース

内容量は同じ1kgですが、
 ①125g入り×8パック
 ②500g入り×2パック

が選べます!

 

箱を開けると…お便りと、
めいっぱいのブルーベリー♪

 

私は小分けになっている方が便利かと、
「①125g入り×8パック」をチョイス。

4パックづつ、2段で入っていました。

 

1パックあたり縦横10cmくらいの大きさ。
一般的なブルーベリーのパック程度です。

125gパックだと、
誰かにプレゼントするにも◎

 

特選」のシールがまぶしいですね!!

 

ブルーベリー125gの量

さっそく開けてみると…

 

125gでだいたい、
両手いっぱいのブルーベリー量です。

しかし、大きな粒~♪

 

ある1パックを数えたら
粒数は40粒でした。

※その時に採れる粒の大きさにもよります。ご参考までに。

 

最も大きなブルーベリー粒は?

8パックを広げて、
最も大きな粒を探してみました!

 

最大は、こちら!

見たことのないサイズ…!!!

なんと、100円玉よりも大きい!

お手元に100円玉を用意して、イメージしてみるとこの大きさが伝わるかも!

 

大小どちらが美味しい粒?

とはいえ、全粒が特大サイズというわけではありません。

大きい粒も小さい粒も
ミックスで入っています!

 

大きい粒と小さい粒、
食べ比べするのも楽しいですよ!

結構、好みが分かれます。

みなさんは、どちらがお好きですか♪

 

赤い粒と紫の粒

ブルーベリーの実は、
白→赤→紫と色づいていきます。

赤みのある粒よりも、
黒紫の粒の方が熟している証拠。

 

美味しいブルーベリーの見分け方

美味しいブルーベリーは…

・木になっていた「なり口」が、出ベソになっておらずキュッと締まっている
・まんまるよりも、平べったい形が良いもの
・均等でキレイな王冠になっている

※品種によって少し見分け方も変わります

  

菅原長助さんのブルーベリーを見てみると…

パーフェクトなスタイル!!

特選はダテではありません!

 

ブルーベリーの実の中の色は?

菅原長助さんでは、
・ハイブッシュ系
・ラビットアイ系
2種類のブルーベリーの木があります。

ハイブッシュ系…歴史ある系統で酸味と甘みのバランスが良い
ラビットアイ系…全体的に酸味が少し少なめで、甘みを楽しむ

聞くと、今回入れてくださったのは
「ハイブッシュ系」とのこと。

中の色は何色かなのか??
半分にカットしてみました!

そう。
中は紫じゃないんですよね!

そして、見てください!この果肉感♪

大粒だからこそ、
果肉を存分に楽しめますね!

 

菅原長助ブルーベリーの味は?

大粒、食べてみます!

「うん!甘酸っぱい!!!」

この時、収穫からまだ24時間もたっていない状態。
かなり酸味が際立ちます

 

このフレッシュな酸味、採れたてだからこそ味わえるものなんですよね!!

菅原長助さんのブルーベリーは、
酸味が好きな方にお勧めです!!

 

人気の甘酸っぱいブルーベリー

菅原長助さんのブルーベリーはとっても人気で、期間中でも予約でいっぱいで終売になることも。

毎年初夏を楽しみにリピートされる方も多いそう!

この甘酸っぱさブルーベリー本来の風味が、癖になる♪

「食べ続けるほど虜になる。」
なんだかその理由が分かった気がします!

 
 

Share / Subscribe
Facebook Likes