OTAma《おたま》|「おいしい」が見つかる食材通販サイト

「おいしい」が見つかる食材通販サイト

国際チーズコンテスト“銀賞”に輝いた、世界に誇る味噌漬けチーズ!チーズ職人×味噌職人が生み出す奥深い味わい【農場カマンベール 雪の花みそ漬け】

どれくらいの人が知っているのだろうか・・・

チーズ業界では、毎年のように世界的な品評会が開催されていて、

アメリカで2020年3月3~5日にかけて開催された

「ワールド・チャンピオンシップ・チーズ・コンテスト(WCCC)2020」において、

日本の味噌漬けチーズが高い評価を受けたということを。

 

そして、そのチーズこそ、佐渡乳業の【 雪の花みそ漬けチーズ 】シリーズの1つ。

ラインナップは3種類。チーズに合わせて味噌も変えるこだわりっぷり!

 

新潟県佐渡市にある佐渡乳業が改良を重ね、日本人にも食べやすく作り上げた

「農場カマンベールチーズ」と、

新潟県長岡市にある杉田味噌醸造所が、特別栽培のコシヒカリと大豆で手作りした

「雪の花みそ」を組み合わせ、

1年を費やして開発された【 農場カマンベール 雪の花みそ漬け 】だ。

密閉パッケージを開けると、味噌の優しい香りが立ち込める・・・

 

「雪の花みそ」が持つ深くて豊かな味わいを

白カビ香る「農場カマンベールチーズ」にしみこませ、

じっくりと熟成させることで生まれた味わいは、格別!

チーズ職人 × 味噌職人 のコラボレーションが存分に味わえる1品!!

 

チーズは、ヨーロッパなどの古くから伝統的に作って食べられている地域では、日常食。

安価に買うことができるだけでなく、家庭ごとにチーズの味があったり、

保管場所に最適な気候もあって、好みの熟成加減をみて楽しいんでいるのだとか。

もちろん、ワインを飲むときだけでなく、料理やおやつ、いかなる時にも身近にある存在。

 

ヨーロッパでは紀元前5,000年前からチーズが作られていたとされるが、

対する日本では、プロセスチーズでさえ、戦後から普及したと言われるほどで、

ナチュラルチーズに至っては、ここ30年でようやく、

一般的に広く受け入れられるようになったとされている。

佐渡乳業のナチュラルチーズのラインナップ。過去にも、受賞歴多数!

 

食べ慣れている人には、香りやクセがあってこそ、

ナチュラルチーズの醍醐味といえるのであろうが、

そうでない人にとっては(子供も含む)、

できるだけ、おとなしく食べやすいものが好まれるのでは?

 

筆者も、かつて佐渡乳業のナチュラルチーズを食べたことがあったのだが、

15~20年ほど前であろうか、とても美味しい食べ物としては受け入れがたかった記憶が・・・

失礼を承知で、このことを佐渡乳業の方に尋ねてみると、

当時よりも、より日本人に好まれる製法に改良し、

試行錯誤を繰り返し、現在の風味にたどり着いたとのこと。

 

人生二度目の、佐渡乳業のナチュラルチーズを口にすると、

とても同じメーカーのチーズとは思えないほど、

軽い香りと食べやすい味に変わっていて、思わず、感動!

創意工夫を感じる原材料一覧。黒糖が絶妙なコクを加えている!?

吸収率の高いカルシウム源として、 育ち盛りの子供がいる我が家には、

いつも安価なナチュラルチーズが冷蔵庫にストックされているが、

佐渡乳業のナチュラルチーズを食べてからは、考えが一変!

トマトとチーズの相性は最強!!味噌の風味も好相性!

スライスして、ちびちびワインに合わせるスタンダードな食べ方から、

モッツァレラと置き換えて、シンプルにハーブソルト&オリーブオイルでカプレーゼ風に仕立てたり、

クラッカーやパンに挟んで軽食として食べるなど、

できるだけシンプルな食べ方は、どれもハズレ無し!

 

普通のチーズには無い、深い味わいと上品な発酵香・・・

その、味わったことのない食べ心地に、

もはや手放せない冷蔵庫の友になってしまったのだ。

そして、まだ挑戦できていないのが悔やまれるが、

もう一つの楽しみ方としては、パッケージにも記載がある通り、

発酵具合によって、食感/香り/旨味が変化するという点。

 

どうしても、待ちきれずに購入してすぐに食べてしまうので、

いまだに、〔とろり/複雑/濃厚〕という状態を賞味できていないのだが、

食べ忘れたまま賞味期限間近の頃に発見することができたならば、

いつか必ず、その最上のフレーバーを堪能したい、という野望を抱く筆者なのであった・・・

この記事を投稿した食オタライター

多田ゆかり
管理栄養士・食生活アドバイザー・マクロビオティックセラピスト。

食関係の仕事(調理、執筆、講演など)を7種掛け持ちするほどの食マニア。

<経歴>
・昭和女子大学生活科学部生活科学科管理栄養士専攻を卒業
・保育園給食調理、献立作成
・飲食店(和食、イタリアン、野菜レストラン)勤務
・食材解説サイト監修
・食育サイトにて執筆(主に栄養相談)
・生活情報サイトにて執筆(主にレシピや野菜の紹介)
・食育講師(主に講演)
・料理教室開催
・出張料理

美味しいと感じるものを【食べること/作り出すこと/伝えること】が好きです。
主に家庭料理をメインに、「いかにたくさん美味しく野菜を食べるか」がモットー。

日本各地へ出張したり、旅行して出会った各地域での食経験を生かし、地元の佐渡島を中心に、“良い”と思ったものをどんどん発信していきます。
Follow :
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE