OTAma《おたま》|「おいしい」が見つかる食材通販サイト

「おいしい」が見つかる食材通販サイト

だしパックの使い方!出汁のとり方と旨味パウダー活用法

美味しい料理の決め手は、出汁にあり!

出汁が上手にとれると、味がビシッと決まる!
料理上手になっちゃいますよ♪

今回は、出汁パックの使い方を研究します!
 

出汁(だし)について

出汁(だし)とは?

 
出汁(だし)とは、「煮出汁(にだしじる)」の略。

 
でも、出汁をとるのって、ちょっと面倒??

そんなときに便利なのが…
「だしパック」!!

我が家でも、料理に合わせて出汁パックを使い分けています。

だしパックの嬉しいポイント

 
だしパックは、便利で嬉しいポイントがたくさん!!
 

嬉しいポイント1

食材の用意がカンタン!

たとえば、我が家でよく使っている出汁パック。
裏面の原材料名を見てみると…

・いわしの煮干し
・そうだかつおのふし
・さばのふし

この材料をすべて用意するのは、大変ですよね!!

しかも、それぞれ素材を少しずつしか使わない!
保存方法も迷っちゃいます…。

でも「だしパック」なら、素材を探して揃える必要なし!保存も楽ちん!

 

嬉しいポイント2

計量の手間なし!

だしパックは、プロの美味しいバランスで配合されている!

だから計量の必要もなし!
そのままポンっと入れるだけ♪

作る出汁の量に合わせて、出汁パックをいれるだけでOK!

 

嬉しいポイント3

旨味の相乗効果!

出汁パックのメリットは、
なんといっても「旨味の相乗効果」!
 

▼旨味の三大成分

昆布グルタミン酸
かつお節・煮干しイノシン酸
干し椎茸グアニル酸

旨味は、それぞれ単体でも感じます。
でも、違う旨味成分をかけ合わさることで、何倍にも旨味がUPするんですよ~!

違う旨味成分を持っている素材が配合されている「だしパック」は、深い旨味を味わえます!

 

旨味成分と温度の関係

旨味をしっかり抽出するために、料亭でつくる出汁は「温度」にもこだわりがあるそうです。

つまり、旨味を抽出しやすい温度がある!

なかなか家では、温度を計らないですよね~。
でも、高温NGというのは判断可能!

~お湯の温度を目で見分ける目安~

60℃ = なべ底で小さい泡が発生し始める
85℃ = 水面に泡が多く浮き始める

グラグラ高温で煮てしまうと、雑味や臭みがでるので要注意!!

出汁パックも同じかな?!
やってみましょう!

 

だしパックでの出汁の取り方


丹波山(たばやま)倶楽部の「香り舞う舞茸だし」を取り寄せてみました!

なんと!
珍しい原木栽培の舞茸を使った、だしパックです。


このだしパックには、6種類もの素材が入っています!

 ・舞茸
 ・鰹節
 ・煮干しうるめ鰯
 ・椎茸
 ・鯖節
 ・昆布

ということは!

旨味の相乗効果も、期待大ですね♪

グアニル酸:舞茸、椎茸
イノシン酸: 鰹節、煮干しうるめ鰯、鯖節
グルタミン酸:昆布

3種類揃ってるので、深い旨味が味わえそう!

 

お湯から入れる?水から入れる?

 
だしパックを入れるタイミング、迷いませんか?!

沸騰させてから?
それとも水から??

このだしパックのパッケージの裏面には…

「水またはお湯を入れた鍋の中に…」

う~む。
どっちが美味しい??

下記で比較実験してみましょう!!

<お湯から抽出>
沸騰したお湯に入れて2分

<水から抽出>
水から入れて沸騰したら2分

※どちらも600mlの水に、だしパック1つを使用

 

お湯から抽出

沸騰させたお湯に、出汁パックをポン♪

 
入れたらすぐに中火にして、2分計ります。

出汁パックを取り出して、完成です。

 

水から抽出

お水の状態で、出汁パックを入れて火にかけます。

沸騰したら中火にして2分煮出します。

 

 結果比較 

比較してみると…

水から抽出したほうが、断然色が濃いですね!

お湯から入れると高い温度で抽出するので、昆布やきのこ類の旨味が出にくかったのかもしれません。

私的には、こんな使い分けがオススメ♪

 

中身を出して使うと濃い出汁になるってホント?


「だしパックの袋を破いて、中身を出して出汁をとる」

という方法もあるみたい!

すると、濃い出汁がとれるとの噂。
やってみましょう~!!

<中身を出して抽出>
袋を破き、中身の粉を入れて2分

<袋に入ったまま抽出>
だしパックの袋のまま入れて2分

※どちらも沸騰したお湯の状態に入れて比較します

 

だしパックの袋を破いて、中身の粉をサラサラ~。

 

 結果比較 

明らかに濃そうな出汁が取れました!!

お湯から入れても、中身を出してとれば、濃い味の出汁ができます!

 
ただし、袋のままとるよりアクは出やすいですね~。
きちんとアクを取れば、雑味は少なく濃い味の出汁になりますよ♪

 

中身を出してとる方法は、出汁の味だけで楽しむ料理に合いそうです!

 

 疑問 

さっきは、お湯に中の粉を入れて抽出したけど…
お水からだと、どうなる??

 
やってみました!

やはり、水からの方が色は濃いですね!

味は、水からの方がすっきり!
旨味がでているからかな?

なんでだろう…
不思議なことに、塩味もまろやかに感じます。

もしかしたら水からだと、低い温度で煮だす時間が長くなるので、昆布や舞茸の旨味が上手に出て、塩味もまろやかに感じるのかもしれません。

 

ということは。
加熱する前に、しばらく水に浸しておいてみては??

実験してみましょう!

 

水に浸してから出汁をとる方法?

 
水に浸してから加熱する方法を試してみましょう!

だしパックを、水に入れて10分間。
浸水してから加熱して出汁をとります。
 

比較してみると…
色は、ほとんど変わりませんね!

10分水に浸しておいた方が、旨味と香りのバランスがいい
雑味も少なく、昆布と舞茸の香りがしっかりと出ています。

 

試しに、水に10分間浸しただけの水を飲んでみたところ…

透明ですが、昆布と舞茸の旨味がでています!
すでに、おいしい…。

 

意外な使い方と活用方法


だしパックって、だし汁をとるだけじゃない!

実はこんな使い方もできるんですよ♪

中の粉末は「旨味パウダー」になる!

 
袋を破って中身を出せば…
「旨味だしパウダー」として使えるんです!

そう。
だしパックの中には、旨味素材を粉末にした粉が入っているんです。

この舞茸だしのように塩も入っているものは特に、そのまま味付けに使えます!

いろいろ作ってみました♪

【和え物】ほうれん草のだし和え

茹でたほうれん草1束に、舞茸だし1/4包和えるだけ♪

驚くほどに美味しい。
だしの旨味で、繊細だけど複雑なお味。
 

【炒め物】だし長芋ジャーマン

炒め物にも使えます!
塩も入っているだしパックは、それだけで味が決まります!

 

【下味&あんかけ】舞茸だし豆腐ハンバーグ

ひき肉をこねるときに、だしの中身を入れます。

今回は、キノコあんかけにも舞茸だしを使用しました!

中から、だしの旨味がジュワジュワ~。
絶品でした!
 

 

出がらしも再利用できる!


出汁をとった後の「出がらし」

捨てないで!
まだ旨味が残ってるんです!!

袋を破いて中を取り出せば、いろんな料理に再利用できちゃいます!

 

【トッピング】冷ややっこにのせて

出汁がらに、醤油を和えて冷ややっこにオン!

複雑な旨味で、鰹節より贅沢。
素材の食感もあるので、これはオススメ!
 

【ご飯】出汁がらで冷茶漬け

出汁がらの旨味が相まって、味わい深いお茶漬けに。
トマトの旨味グルタミン酸もプラスしてみました。
 

出汁がらドレッシング

出汁がらと醤油、ごま油を合わせるだけ。
出汁がらの粒々が、生野菜の美味しさを引き立たせてくれます。

これは、家族にも大好評でした!

このドレッシング食べたさに、出汁をとっちゃうかも♪
 


「だしパック」って本当にいろんな使い方があるんだな~、と改めて実感。

そして出汁が美味しいと、何でも美味しくなる♪

 
手軽で、でも奥深い「だしパック」。

みなさんも料理や好みに合わせて取り方や使い方を変えてみたり、出汁がらまで上手に使い切ってみてくださいね!

 

この記事に登場するだしパック

 
 

この記事を投稿した食オタライター

豊岡加奈子
[保有資格]
野菜ソムリエプロ、調理師

[略歴]
2008 東京農業大学 農学部農学科 卒業
2008 『㈱ロックフィールド』入社
2014 野菜ソムリエプロ、調理師資格を取得
2015 コールドプレスジュースの店『㈱EJ』にて商品開発・店舗運営を経験
2016 365マーケットウェブライターとして活動開始
2017 日本農業新聞の執筆
   百姓屋敷わらにて『重ね煮料理家』の免状を取得
   タスカジにて料理代行の仕事を始める
2018 出張料理教室を始める
2020 富士宮市猪之頭へ移住

[得意なジャンル]
野菜・果物・農業に関するの情報発信
野菜料理・つくりおき料理

[最近ハマっていること]
春から富士山の見える富士宮市にて、古民家暮らしを始めました。
家の周りに自生しているクレソンやワサビ、地元の野菜を使って料理するのにハマっています。
近々、畑も始める予定です。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE