OTAma《おたま》|「おいしい」が見つかる食材通販サイト

「おいしい」が見つかる食材通販サイト

百姓品質!個性的なイラストに思いが込められた麦茶!

皆さんが、日常的に飲んでいる飲み物は何でしょうか。お水?お茶?

麦茶を飲んでいる人は多いのではないでしょうか。水筒に麦茶を入れている人も多いのでは?レストランやペットボトル飲料ではウーロン茶を飲む人でも、ご家庭では麦茶を飲んでいる人も多いのではないでしょうか。

夏の暑い日には、ガラスのコップに水滴がいっぱいついた冷えた麦茶、思い浮かべるだけで風鈴の音が聞こえてきそうです。記事を書いている今も冷えた麦茶を飲みたくなりました。喉の渇きをスーッと潤してくれると共に、口いっぱいに広がる麦の香ばしい香り、麦茶が身体に吸収されていくイメージが湧いてきます。ゴクゴク、喉を鳴らして飲みたくなってきました。

佐賀県産の二条大麦のみを使用した麦茶

生産者でいらっしゃるイケマコさんは佐賀県佐賀市にあります。一般的に関東では麦茶といえば六条大麦(甘みが強い)が使われ、九州ではビール麦として使用される二条大麦を麦茶に加工しています。また、市販の麦茶は外国産の原料を使用しているものが多いですが、イケマコさんの麦茶は自社生産で佐賀県産の原料を使用し品種は『サチホゴールデン』にこだわっていらっしゃいます。粉砕にもこだわり、イケマコさんの麦茶は荒めに粉砕しているので飲み終えるとコップの底に細かく残る沈殿物が少ないとのことです。

【左】イケマコさんの麦茶 荒めの粉砕なので粒が残っています
【右】ブレンド麦茶

品種だけでなく栽培方法にもこだわっていらっしゃるイケマコさん。酵素と微生物の働きを利用し、生きた土作りを行う酵素栽培を行っており、植物が本来持つ自然の力を高め、農薬や化学肥料の使用を少なく抑えて病気に強く安心で安全な作物の生産を行っていらっしゃいます。

農業を持続可能な強い産業にしてゆきたいという想いを持っていらっしゃるイケマコさん。農業を、「農産業」にしていきたいと語ってくださいました。天候に左右されない安定した収入のあり方として6次産業化を行っているそうです。また、農産物の相場と質の矛盾を解決できるように、自社ブランドの確立、農産物の消費、加工など社員で意見を出し合っていらっしゃるとのこと。

百姓品質とパッケージのイラスト

普段、消費者として麦茶を手にした時に、生産者さんや栽培光景を思い浮かべる方は少ないと思います。ですが、イケマコさんのパッケージにある「百姓品質」という言葉、それと共に描かれた味のあるイラスト、気になります、惹かれます。

イラストのモデルは、なんと…

これらの言葉とイラストは、『田舎では鮮度の良いものを自然に口にしている』ということを「百姓品質」という言葉でブランド価値を持たせたいという思いから作られたそうです。そして、個性的で味のあるイラストには実在するモデルがいらっしゃるというから驚きです。なんと、イラストのモデルは池田社長と池田社長!!

イケマコの名前の由来

「イケマコ」の名前は穀物商社を興した先代、池田誠の名前からの略称です。地域を大事にしていた先代の想いを受け継いで、多くの人々に親しみをもっていただきたい、この名前にはそんな願いがこめられています。

引用元:農業生産法人 株式会社イケマコ https://www.ikemako2007.com/イケマコについて/

社名である「イケマコ」の名前の由来となった先代の池田誠社長と、池田大志現社長のお二人ともがモデルとなっている時を超えたコラボイラストなんです。現社長をモデルとし、服装や雰囲気は先代社長の頃の農家のイメージで佐賀県在住のイラストレーターの方に田舎の農家らしさを前面に出したデザインをしていただいた佐賀生まれのイラストです。地域と人とのつながりを大切にされているイケマコさんらしい素敵な取り組みです。

先代社長と現社長の時を超えたコラボイラスト
モデルとなっている池田大志社長
服装は現代的です。

イケマコさんは原料の生産から販売まで自社で係わる事で社員のモチベーションの維持、創造性を高め、社内だけでなく佐賀県のこだわりを持った生産者のブランド価値を高めていく等、今までの農業生産にとどまらない「農産業」経営の熱い目標を持っていらっしゃいます。パッケージにもその思いが溢れています。

イケマコさんの麦茶の特徴

「二条大麦は粒が大きく雑味の無いすっきりとしたのど越しが特徴。焙煎にもこだわり二度焙煎により、香ばしいコーヒーのような香りがする」とのことで、のど越し、焙煎、香り…説明を聞いただけで、期待一杯です。

その年に収穫した麦を麦茶に加工するので7月~10月の期間は「新麦」のシールを張り緑茶の新茶のように提供する事ができるとのことで、新麦の麦茶が気になって仕方ありません。

百姓品質!収穫されたこだわりのサチホゴールデン

まずは、袋を開けてみると中に入っているのはティーバッグ。ティーバッグだと手軽に作れます。袋の中は加工されており、鮮度と香りを保ってくれそうな袋です。ここまで期待一杯になってから開けたからでしょうか、はさみで開けた時の袋の中の香りがあまりに良い香りで、しばらく袋から顔を離せず何度も麦の香りを堪能する深呼吸をしてしまいました(笑)

鮮度と香りを保ってくれそうな袋を開けると、いい香り

「これが二度焙煎の香ばしさか」

「コーヒーのような香り。確かに!」

一人で納得。

ティーバッグに加工してくださっている商品ですが、中身を見るために開けさせてもらいました。せっかくなので、普段飲んでいるブレンド麦茶も開けて見比べました。

【左・中】イケマコさんの二条大麦のみの麦茶 
【右】六条大麦と二条大麦のブレンド麦茶

イケマコさんの麦茶(二条大麦のみ)

形:砕いてある麦と、大粒の状態のまま麦がある

色:全体的に茶色

香り:すっきりとした麦の香りがスーッとくる

ブレンド麦茶(六条大麦と二条大麦のブレンド)

形:細かく粉砕されている

色:茶色い麦とこげ茶の麦がある

香り:スーッと目立った香りがあるわけではなく、バランスが良く全体的に優しい感じの香り

【実験】麦茶であることを内緒で香りをかぐと?

「いいにおいがする」

「コーヒー?」

「チョコレート?」

麦茶だとは気付きませんでした。そして、麦茶ということを明かしたうえで、再び香りをかいでもらいました。

イケマコさんの麦茶香ばしく甘い香り(麦茶と明かす前は、チョコレートと言うぐらいなので)

ブレンド麦茶:いつもの麦茶の香り

美味しい麦茶の飲み方

飲み方のおススメは煮出すことだそうですが、パッケージには水出し、煮出し共に記載されています。まずはレシピ通りに作ってみます。といっても、材料はたったの二つ、麦茶とお水のみ。当然ですが、シンプルです。

お水1リットルに対し、ティーバッグ一つ、覚えやすいです。

ティーバッグ:お水 1:1 覚えやすいです

水出しの場合は1時間水出しします。

煮出す場合は、沸騰したお湯にティーバッグをいれて3分煮出します。

水出しの様子を時間ごとに写真を撮ってみました。15分ごとに麦茶の色が濃くなっていく様子が分かります。

残り60分
残り45分 少し色付いてきました
残り30分 全体に色付いてきました
残り15分 底の方はもう麦茶の色です
60分経過 完成 ティーバッグの上まで色付いています

煮出した麦茶は、水出しより色が濃いです。

【左】水出し 【右】煮出し

冷たい麦茶は普段から飲んでいますが、温かい麦茶をゆっくり飲んだ経験はほとんどありません。子供の頃は、麦茶を飲みたいのに出来立て熱々の麦茶しかない時はがっかりしたものです。

大人になった今、温かいまま優雅に飲んでみました。安心して体に吸収できるイケマコさんの麦茶を、コーヒーや緑茶のように。

「麦茶ってこんなに美味しかったっけ?」

というのが率直な感想です。

煮出したものと、水出ししたものを飲み比べてみました。

色、味、香り全てにおいて煮出したほうが濃いです。

水出しは、とてもスッキリとしていて喉が渇いている時にお水を飲むようにゴクゴクと飲みたい感じです。

せっかくなので、普段飲んでいるブレンド麦茶も飲み比べてみました。

【左】ブレンド麦茶 【中】水出し 【右】煮出し

ブレンド麦茶は全体的にまろやかで、イケマコさんの麦茶はすっきりしています。

ブレンド麦茶に対して、二条大麦のみで作られているのでスッキリさがより際立っているようです。

是非、試してもらいたい飲み方

酵素栽培で土づくりからこだわり作られた麦なので、なるべく化学物質は体に入れたくないという方でも安心してお飲みいただけます。ノンカフェインで小さなお子様や妊婦さん、どの世代の方にも安心して飲んで頂けます。発汗で失われた水分とミネラルを補給してくれる麦茶は、夏だけでなく、乾燥の激しい冬でも、一年中お飲みいただけます。

イケマコさんにおススメいただいたように、私も煮出して飲むことをおススメします。

煮出した麦茶を、冷蔵庫に入れて冷やす前には、

百姓品質!こだわりのサチホゴールデン

佐賀の大地を感じ、

黄金色の麦を感じ、

百姓品質とイラストに込められた思いを感じ、

是非ぜひ、温かい麦茶をお試しください。ゆっくりと麦茶の香りと甘さを感じてみてください。

もちろん、冷たい麦茶もおススメです。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE