OTAma《おたま》|「おいしい」が見つかる食材通販サイト

「おいしい」が見つかる食材通販サイト

スパイスカレーの必需品!美味しいパクチー(根っこも!)

スパイスカレーの必需品!美味しいパクチー(根っこも!)
《佐賀県》江口農園
パクチー
1,648円(税込)~

《佐賀県 江口農園》パクチー
500g 1,648円(税込)
当商品は軽減税率対象商品です。
送料はこちらでご確認ください。




数年前、シンガポールで全く食べられなかったもの。
匂いなのか味なのか…。
はっきり言って苦手でした!娘と一緒によけました。
一度口にすると、ずっと口の中にいるような気がして…。
それは…

そう、パクチー!!


でもいつのころなのか、平気でばくばく食べられるように。大人になりました!笑

パクチー好きもうなるという美味しいパクチーがあると聞き、早速お取り寄せ!

さぁ、どうなりますやら…。

生産者紹介


そんな私が今回お取り寄せしたのは
佐賀県武雄市にある江口農園のパクチー。

佐賀県に足を踏み入れたことのない私は、まず武雄市の場所を確認。
(特に意味はありません…)

パクチー栽培を決め、手ごたえを得るまで約3年かかったとか。
よく心が折れず続けてくれました!
その汗と努力の結晶のパクチー。美味しいはずです。

当然ですが実際にお会いしたことはなく、オンライン会議で初めてお会いしました。

この方が江口さん。

パクチーがブーケのように見えます

栽培時のお話などを聞き、質問タイムでのこと。

私がお聞きしたのは
「根っこはどんな具合ですか?」

パクチーは葉や茎ではなく、根から香るんですよね。
それなのに根が切り落とされて売られていることもあり、とても残念に思っていたんです。

私にとってはそこがとても重要!

これが根っこです 笑

パクチーはせり科の植物。せりも根っこを食べますよね。

江口さん曰く
「根っこ無しはパクチーじゃない!!」

パクチー、そして根っこに愛情とこだわりを感じました。

この力強い言葉に即お取り寄せ決定~!
ワクワク・ドキドキ…。

宅配体験記


宅配業者さんからお届けのメールが…。
ワクワクしながら待っていました。

あれ?届かない…。
そこでふと気づくと、中一日かかるのね~。
焦らない、焦らない…。

翌日、前のめり気味で早速届いた箱を開けてみました。


今の季節、露地とハウスの2種入り。
たっぷり!

あ~、香りが届くといいのに…。
開けた瞬間から部屋に充満。

箱の中にはレシピも入っていましたよ。
大きい方は裏にもありました。

分量等はヒ・ミ・ツ!

いちごパクリームパフェ!!気になるでしょ?

詳細は届いてからのお楽しみということで…笑

季節によってはハウスのみのこともあるそうです。
量は変わらないそうなのでご安心を…。

これは早速食べ比べせねば!

部屋中に漂うパクチー臭!
苦手な方にはちょっとつらいかも??

まずは葉っぱをつまんでモグモグ。

味が違う~!!
何度も露地とハウスの束を行ったり来たり…。

家族で味見。

女性陣は露地、男性陣はハウス。
きれいに分かれました~。

ハウスの方が味も香りも柔らかな感じがしました。

香りの強い野菜があまり得意ではない息子もハウスなら食べられるかもと。

葉っぱをつまんで食べるだけでは飽き足らず、私はこっそり根っこをポリッと 笑

あっ!全然違う!!!!!
これには驚きました~。


どうして私がこんなに根っこにこだわるのかって??
そちらもお答えしましょう!

根っこにこだわる理由

パクチーのことをどれぐらい知っていますか?

パクチーはタイ語に由来します。
英語だとコリアンダー、中国語だとやシャンツァイ。

実は私、カレーフリークなんです!
スパイスカレーが大好きで、かなり拘っています 笑

コリアンダーはホールとパウダーを保有しています。


カレー作りには欠かせないスパイス。
特にとろみに関係するんですよ。

パクチーとは全くといいほど別でさわやかな香りがします。
とっても癒される香り。

パウダーとは別に根っこを刻んで入れるんです。
不思議なことにこの根っこを刻んで入れると、さらにカレーが美味しくなるんですよ!
食べた後の感じが違うんですよね。

そんなわけでパクチーには根っこが絶対に必要!

それが今回はこんなにたっぷり!嬉しすぎる~(^^)


これはもう作るしかないでしょ!!!

調理してみると…

早速、オーソドックスなチキンカレーを…。

パクチーの根っこをたっぷりと刻みます。
今回は入れ放題!笑

江口さんのパクチーに敬意を表してバスマティライスも炊きました。


パウダーも入れましたよ。

副菜も野菜たっぷり!

辛いけれど爽やかなカレーになりました。
家族からも「いつもと違う~!」と好評でした。


他にはやはり定番の魚醤と合わせてサラダに。
やはり東南アジアの調味料と相性がいいですね。

それでもまだまだ食べきれないぐらいたくさんありますよ。

すぐに食べる分は根の部分に濡らしたキッチンペーパーを巻き、野菜の保存用の袋に入れて野菜庫へ。
立てて保存しましたよ。


これでシャキッとしたまま、楽しめました。

残った分は冷凍保存。もちろん根っこも♥

これでまた楽しめそうです。

天ぷらにも向くと聞きました。
山菜などクセのある野菜も天ぷらにすると美味しく食べられますよね。

あとは生春巻きがオススメです。

たっぷり入ってくるので、どうぞ皆さんも楽しんでくださいね。
病みつきになると思いますよ~。

レシピや生育状況など、インスタグラムでも見られるそうです。
要チェック!!

最後に江口さんからのメッセージ!

NO PAXI,NO LIFE?


皆でパクチーにハマりましょう!笑笑

◇生産者:江口農園さんのコメント

こだわり抜いた江口農園パクチーは、高級料理店で使われるほど!
この味を是非、ご家庭でご賞味ください。やみつきになりますよ(笑)

 

送料一覧
《税込・クール料金込の価格です》

北海道
2080円
北東北
1540円
南東北
1540円
関東
1320円
信越
1320円
中部
1100円
北陸
1100円
関西
990円
中国
880円
四国
990円
九州
825円
沖縄
1980円

この記事を投稿した食オタライター

魚谷真理子
[保有資格]
発酵食スペシャリスト、ベジデコサラダ マスターインストラクター、命の食事アドバイザー、糖尿病療養支援士、健康マスター、認定心理士ほか

[略歴]
愛知県名古屋市出身
短大卒業後、一般企業に勤務。その後10年以上医療現場に勤務。
より専門的に学ぶため大学に入り、心理学を専攻し認定心理士を取得。
2017年より食の大切さと食コミュニケーションを広めるサロンをスタート。発酵食品のワークショップも開催。
同年より食オタとしても活動開始し、2018年より雑誌「からだにいいこと」での活動も開始。


[得意なジャンル]
野菜全般、発酵食品、調味料

[最近ハマっていること]
生米パン作り、調味料作り、竹細工♪
Follow :
Share / Subscribe
Facebook Likes