OTAma《おたま》|「おいしい」が見つかる食材通販サイト

「おいしい」が見つかる食材通販サイト

70年ぶりに復活した幻の”江戸味噌”

みなさんは”江戸味噌”をご存知ですか?
江戸味噌とは、江戸発祥の江戸の味噌。
戦前までは東京のメジャーな味噌でしたが、
戦時に贅沢品とされ、姿を消してしまいました。
近年、昔のレシピで復刻製造され、東京・広尾にショップがオープンしています。

お店に並ぶのは、
江戸味噌、江戸甘味噌、仙台味噌、田舎味噌の4種類。

好みの味に出会えるようにお味噌汁の試飲ができます。

こちらのお味噌は大豆を茹でずに蒸す製法のため旨味が逃げず、味も色も濃い!
私が3月に仕込んだお味噌と比べるとその差は歴然です。

お料理にも使ってみましょう!
塩分が高めでキリッとした仙台味噌は味噌玉に。
何を使ってもいいのですが、私の好みはおぼろ昆布入り。
鰹節など出汁アイテムを加えなくてもお味噌の旨味で十分です。

玉にまとめたらレンジバッグに入れて保存します。

江戸味噌はドレッシングと1対1で混ぜ、ホワイトアスパラに。
赤貝などの”ぬた”にも良さそうです。

フェリチタの玉ねぎドレッシングとお味噌を1:1でブレンドしています。
ドレッシングはお好みのものでOKですが、フレンチやごまだれがおすすめです。

味濃い目の田舎味噌は淡白な里芋とあわせてチーズ焼きに。
みりんで伸ばした江戸味噌も手羽先に塗ってグリルにイン!
ビールがすすみます。

江戸甘味噌は鶏ひき肉とあわせて和風ガパオに。
味噌玉にお湯をさした汁物を添えました。

味噌汁だけでなく、料理の幅が広がる東京江戸味噌。
量り売りで少しずつ買えるのでいろいろ試してみてはいかがでしょうか?


この記事を投稿した食オタライター

アンドフィッシュ新井まり子
旅とおいしいものとお酒と猫が大好きです。

【ふだんのおしごと】
マーケティングプランナー
ライター

【出身校】
神田和泉屋学園アル高卒業

【保有資格等】
日本酒ナビゲーター
美術検定2級
色彩検定2級
博物館学芸員
茅ヶ崎市観光協会DMOメンバー
茅ヶ崎映画祭実行委員(副委員長)
東京都福祉保健局ライフシフトプロボノプロジェクト2019メンバー
Follow :
Share / Subscribe
Facebook Likes