OTAma《おたま》|「おいしい」が見つかる食材通販サイト

「おいしい」が見つかる食材通販サイト

《山梨県》すもも畑で出会った フェリチタ研究所の”しあわせ” になれる野菜ドレッシング 

 

まだ肌寒い3月のある日、山梨で「すもも受粉体験ツアー」に参加しました。
石和駅に着くとワインサーバーがお出迎え〜!
行列が長い上、バスの時間が近いので、泣く泣く断念・・・

せめて気分だけでも味わおうと、
ファンタグレープを買って

足湯で「ぷっは〜!」

本日のお泊まりは、300年前の古民家を使った農業体験宿。
「かぶとづくり」と呼ばれる独特の建築様式の家が残る集落へ。

バス停に到着すると、宿の方がわんこ(ナルトちゃん)を連れて迎えにきてくださいました。

歴史を感じるお部屋には囲炉裏が!

夕食は名物の手作りこんにゃく。
オリーブオイルでいただくのがオススメだというので、いただいてみると・・・
!? 未知の味と食感!!!

山梨ということで、一升瓶ワインがどーん!
飲みきれるかしら・・・・

前菜は、いちじくのパテ、豚タンの自家製スモーク、キャロットラペ、きのこのマリネとどれもワインに合うものばかり!

メインはとろっとろの牛ほほ肉煮込み。

自家製天然酵母パンでソースも余さずいただきました!

朝ごはんはフレンチトースト!

朝ごはんを食べたら、ミランダちゃんに見送られて農園に出発。
ちなみに名付け親はトータス松本さんだそうです!

午前中の作業はすももの花粉集め。
すももは別の木の花粉でないと実をつけないので受粉用の花粉を集めます。
花を摘んで腰につけたメッシュ袋に入れていきます。

採った花粉は熟成させ、食用のすももの木にぱふぱふするので、今日の分は明日使います。

あらかじめ熟成し、どの花につけたかわかるよう、ピンクの粉と混ぜます。
花粉交配機、その名もラブタッチを持ち、いざ、受粉!

こんな感じで私もぱふぱふ。

ここまでお読みになってくださったみなさま。
「『幸せになれるドレッシング』はどこに行ったの!?」
「すももの受粉の話を読むつもりはなかったのだけど」
と疑問に思っていましたよね……

お待たせいたしました〜〜!
ランチタイムで私は、八ヶ岳のエナジー満タン万能調味料と運命の出会いを果たすのです!

どーん!と大量のお野菜とともに用意されたのが、

フェリチタ『やみつき 人参』
これがもう、食べたことがない旨さ!

農作業も終わり、近くの絶景温泉へ。

この絶景が露天風呂から見えるんです。
「……あの人参ドレッシングおいしかったなー……」
いかん、いかん!

翌日、私たちは山梨を離れました。
河口湖駅からかわいいレトロ電車に乗って大月へ。

車内が本当に可愛い!

車窓からの景色も素敵!
さすが、富士急というだけあります。

富士山を見ながら、直売所で買った海苔巻きをもぐもぐ。

山椒がきいていて美味しい!
しかしそんな中でも私は
「あのドレッシングおいしかったな……」

食後のコーヒーを楽しんでいる間も(心ここにあらずな顔ww)
「あのドレッシング……」

「フェリチタ」を検索すると、人参のほかに仲間が!
これは全部食べてみたいーー!
というわけで、箱入り『おいしい』『かんたん』『あんしん』4本セットをお取り寄せ!

まずは期間限定『プレミアム 牛蒡(ごぼう)』を納豆と山芋に。
呑んべいな私は日本酒が欲しくなってしまうのですが、朝なので

具沢山お味噌汁と、ほかほかごはん。

何にでも合う『定番 万能胡麻』はもう、決めていました、サラダうどん。
ノンアルコールビールを合わせてランチに。
合うだろうと思っていたら予想以上!
これから暖かく(暑く?)なるのでヘビロテしそう!

サッパリ系『ツブツブ 玉ねぎ』は玉ねぎのソテーと合わせました。
赤ワインにぴったり!

そういえばこの間、農園の奥様からすももの実がついたというお便りをいただきました。
じかに見たいのですが、今の状況では行かれません……
しばらくはフェリチタドレッシングを食べて山梨に思いを馳せることにします。

この記事を投稿した食オタライター

アンドフィッシュ新井まり子
旅とおいしいものとお酒と猫が大好きです。

【ふだんのおしごと】
マーケティングプランナー
ライター

【出身校】
神田和泉屋学園アル高卒業

【保有資格等】
日本酒ナビゲーター
美術検定2級
色彩検定2級
博物館学芸員
茅ヶ崎市観光協会DMOメンバー
茅ヶ崎映画祭実行委員(副委員長)
東京都福祉保健局ライフシフトプロボノプロジェクト2019メンバー
Follow :
Share / Subscribe
Facebook Likes