OTAma《おたま》|「おいしい」が見つかる食材通販サイト

「おいしい」が見つかる食材通販サイト

いちじく農家 服部さんの「いちじく若葉茶」

とにかく手軽に楽しめる

お湯とカップがあればいいので、インスタント感覚で本格リーフティーが楽しめちゃう という手軽さが嬉しい。 ソフトでフワフワな指触りの葉をポンと1枚カップにいれてお湯が沸くのを待ちましょう

ながめて楽しむ、それは、まるで工芸茶

茶葉を1枚カップに置き熱湯を注ぐとゆらゆらと葉が開いていく。 まるで台湾の工芸茶のようでみているだけで楽しい。 そのまま、ゆらゆら葉が広がるのを眺めてゆったりとした時間を楽しめます。

まるでデザートティー

封を切るとふわりと香るイチジクの香りはそのままお茶にも。 トロンとした優しい喉ごし、ほんのりといちじくの香り。 どこか桜餅を思い起こさせる、まるで飲む和菓子のようでデザートティーとして も楽しめそうです。 木でみると大きくてワイルドなイメージの葉がこんなに繊細なお茶になるなんて 奥が深いです。

この記事を投稿した食オタライター

中西友美
ハーブとお酢と野菜が好き。貸し畑でハーブと野菜を作るのがここ数年の習慣になっています。
レモングラスをたくさん栽培してるので活用法を模索中です。

保有資格
JAMHA メディカルハーブコーディネーター
    ハーバルセラピスト

好きな手仕事 
 梅仕事(梅干し 梅酒 梅ジュース)
 ハーブソース作り(ジェノベーゼソース)
 ハーブ料理(ガッパオ大好き)
 水餃子作り

お料理と食
「大きいと分かりやすいから」という大雑把な理由で荒巻鮭で魚のさばき方を母に教わったのが小学生のころ。祖母からは満州にいた時に現地の人から教わったという水餃子やロービンを教わったりとお料理の思い出はたくさん。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE